Skip to content

タイとはどんなところか

Pocket

 

東南アジアで唯一植民地支配を受けなかった国であるタイは独自の文化を活かし、
最近では、タイ発のファッションブランドも続々と生まれています。

地理的条件の良さやインフラが整備されていることから、多くの日系企業がタイへ進出、
現在では6万人もの日本人がタイで生活しています。
また、東南アジアにおける代表的な工業国であるタイのGDPは約3871億ドルであり、
東南アジアではインドネシアに次ぐ経済規模です。

日本や欧米諸国の企業の工場進出が目立っていて、
併せて関税特典があるASEAN諸国内への輸出拠点として活用されています。
日産自動車、ホンダ、トヨタ、いすゞと言った自動車関連企業の多くがタイへ進出しているほか、
空調メーカーであるダイキンといった家電メーカーなども多く進出し、国内市場への供給を行っています。

2008年までに1300社近い日本企業が進出していて、2007年に日タイ経済協定(通称:JTEPA)が発効したことから、
貿易のみでなく、投資や政府調達など幅広い分野における経済関係の一層の強化が期待されています。


国民の95%が仏教徒のタイですが、イスラム教徒やキリスト教徒、
シーク教徒や山岳民族などが共に暮らしている多民族・多宗教の国です。


一度も植民地化されたことがないので独自の文化を育んできており、
タイのその独特な空気感は街を少し歩くだけで感じられる魅力的な国です。
また『微笑みの国』としても知られているタイは、
世論調査の結果89%ものタイ人が日本を友好国と考えていることが分かったそうです。
若年層の日本文化への関心も高く、安全面や衛生面への評価も高いのでインターン先にはオススメです。
日本の製品や日本のアニメなどに親しみをもっているようで、
日本への旅行者も多く、日本人に対しては非常に友好的で大の親日国とも言われるようです。
歴史的にも江戸時代にはアユタヤに日本人町が栄えたりしているそうです。


◎タイと日本の時差
タイの方が2時間遅れで、例えば日本でお昼の12時は、タイではまだ午前中の10時ということになりmす。

◎タイの気候
タイは熱帯雨林地域に属します。
年間の平均気温は25度を超え、年間の降水量は1,000mm以上です。
日本のように四季は無く、乾季、雨季、暑季の3つの季節で、
11月~2月:乾季
3月~5月:暑季
6月~10月:雨季
となります。このためホテルの料金は雨の多くなる4月から9月までをローシーズンとし、
あまり雨が降らなくなり過ごし易くなる10月から3月をハイシーズンとして料金に差を付けています。

◎タイの人口密度
人口密度とは、一般的に1平方キロメートル当たり、何人の人が住んでいるかで数値を出します。
数字が大きければ大きいほど沢山人がいて、一人当たりの国土面積が小さくなるということになりますが、
日本は1平方キロ当たり約343人、これに対しタイは約130人、
日本の半分以下ということは、国民一人当たりの国土は日本の倍以上ということになります。
だからタイのホテルは日本より広いということになります。

いかがでしたか?
微笑みの国と言われるタイは、独自の文化を持ち、親日国とも言われているので、インターン先に考えてみてはいかがでしょうか?